上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l ページトップ▲
ホームページとは、誰かに何かを伝えるための媒体(メディア)です。ですから、ホームページで最も重要なのは「メッセージ」であると私は考えます。

メッセージとは、顧客・仕入先・金融機関・社員とその家族・社会などに対して伝えたいことを、文章や映像などでわかりやすく伝えることですが、それにより感動を与えられるかどうかが鍵となります。

前職の元同僚は、私が書いたひかりITのホームページの挨拶文を読んで「感動した」と言ってくれました。私のことを知らない人が読まれても特に何も感じないかもしれませんが、少なくとも同僚の1人は感動してくれました。

先日、ある企業の会社紹介パンフレットを読ませていただきました。内容は詳しく書けませんが、そこには企業の理念・社長の思いが書かれており、私はそれを読んで感動しました。

私は現在、数社のホームページ・ブログ・ネットショップのアドバイザーをさせていただいておりますが、必ずといっていいほど、キャッチコピーや文章を考えてくれ、と頼まれます。

しかし、その事業に従事していない者(私)に、果たして人を感動させるようなキャッチコピーや文章を作ることができるでしょうか?

有能なコピーライターや作家で無い私には無理です。それなりに読める文章は書けるでしょうが、人に感動を与えることはできないでしょう。

当たり前のことですが、ホームページに掲載するキャッチコピーや文章は、外注せずに、経営者や社員が考えるべきなのです。自社で簡単にホームページを更新できるCMSをお薦めしているのもそのためです。

自分で考える時間がないから・・・と言い訳される方も多くいらっしゃいますが、文章を考えるのが苦手だから・・・というのが本音だと察します。

私自身も元々は文章を書くのが苦手でしたから気持ちはわかります。が、私は前職で書類を作成することが多かったので、少しはマシになりました。(今でも大したものではありませんが...)

何事も訓練すれば上達します。できないと決め付けてやらないのは、ただ逃げているだけです。チャレンジしてください。

人に感動を与えるのに、決して綺麗な文章や正しい文法である必要はありません。自分の思いを伝えたい相手のことを想いながら心を込めて書けば良いのです。

もしかしたら、私がひかりITの挨拶文を書いたときには、元同僚のみんなのことを想いながら書いていたのかも知れませんね。


IT経営アドバイザー ひかりIT

ITコーディネータのご用命は ITコーディネータ富山
 
関連記事
2009.10.31 Sat l ホームページ制作/SEO l コメント(0) トラックバック(0) l ページトップ▲

コメント

コメントの投稿














  

トラックバック

トラックバックURL
→http://hikariit.blog7.fc2.com/tb.php/94-e9323f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。